フィリピンよたよた歩き



ラグナ湖沿いのホット・スプリング

2004年1月
パヒヤス・ビーチの帰り、パタンガスでジープ二ーを降りる。ここからは、女房との二人旅。
パタンガスのザ・アロハホテルの一番安い部屋(750ペソ、1500円)に一泊する。寝るだけだったが、やはり、それなりの部屋だった。その代わり、食事は奮発した。パタンガスは平凡な田舎町だったが、ここもマニラへの通勤圏だそうだ。
d0043649_1045164.jpg
パタンガスの繁華街

d0043649_1045502.jpg
パタンガスの繁華街

d0043649_10462226.jpg
ザ・アロハホテル

d0043649_1046499.jpg
ザ・アロハホテルで一番安い部屋


翌日、ハイウェイを通ってカランバまでバスに乗る。冷房が効きすぎていて、気分が悪くなり、吐いてしまった。ビニール袋を持っていて助かった。
ラグナ湖畔にはホットスプリングが点在する。
あえて、温泉とは言わない。日本の温泉とは、趣が全然違う。まず、日本人には、ぬるすぎる。暑い気候とはいえ、温泉は熱くなくっちゃ許せないよね。
最初は、カランバのビラ・エドルフ・リゾート(一泊1200ペソ、2400円)というところに泊まる。こちらの方がお湯はまだ少し熱かったが、宿泊者がほとんどいなく、こわいくらいだった。
次にロス・パニョスのシティ・オブ・スプリングズ ホテルに3泊する。ここは、一泊1500ペソ(3000円)の部屋だったが、窓からラグナ湖が一望できて、室内もきれいだった。ただし、部屋の中に、ジャグジー風呂があるのはいいが、湿気がこもって居心地が悪く、お湯もぬるく、最後は入るのを止めてしまった。
近くに、UP(フィリピン大学)のキャンパスもあり、涼しくて住みやすそうなところだった。
写真は、最初の2枚はエドルフ・リゾート、後はスプリングズホテルとその周辺である。
d0043649_19323772.jpg
エドルフ・リゾートの部屋
ちょっと殺風景かな。ドアの向こうがお風呂。

d0043649_19331676.jpg
エドルフ・リゾートのお風呂
保養地って感じじゃないよね。

d0043649_19335775.jpg
スプリングズホテルの入り口

d0043649_19343183.jpg
スプリングズホテルのレストラン
隣りがプール



d0043649_1936880.jpg
湖から入り口へ向かう通路

d0043649_19365910.jpg
室内にある風呂
手前にベッドがある。

d0043649_19374737.jpg
プール
若者達で賑わっていた。マニラから来たのかな。

d0043649_19384323.jpg
プールサイドでポーズをとる私
実は、このプールの背の立つところで溺れかけ、水恐怖症になった。

d0043649_1940671.jpg
プールを眺める女の子が一人。
なぜか印象に残った。

d0043649_19403812.jpg
ホテルの入り口に面したところにある、妙に気になった家。
趣があるでしょ。誰も住んでいなかった。

d0043649_19411876.jpg
シティホールと思われる、やはり気になった建物

d0043649_19415648.jpg
静かなたたずまいの通り

d0043649_1942331.jpg
ラグナ湖
[PR]
by sadowaka | 2005-05-14 10:45 | マニラ近郊
パヒヤスビーチリゾート >>


フィリピンの旅行の記録、および、宿舎、レストラン等ののガイド
カテゴリ
全体
始めに
ビーチ
マニラ近郊
最新のコメント
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧