フィリピンよたよた歩き



ラグナ湖沿いのホット・スプリング

2004年1月
パヒヤス・ビーチの帰り、パタンガスでジープ二ーを降りる。ここからは、女房との二人旅。
パタンガスのザ・アロハホテルの一番安い部屋(750ペソ、1500円)に一泊する。寝るだけだったが、やはり、それなりの部屋だった。その代わり、食事は奮発した。パタンガスは平凡な田舎町だったが、ここもマニラへの通勤圏だそうだ。
d0043649_1045164.jpg
パタンガスの繁華街

d0043649_1045502.jpg
パタンガスの繁華街

d0043649_10462226.jpg
ザ・アロハホテル

d0043649_1046499.jpg
ザ・アロハホテルで一番安い部屋


翌日、ハイウェイを通ってカランバまでバスに乗る。冷房が効きすぎていて、気分が悪くなり、吐いてしまった。ビニール袋を持っていて助かった。
ラグナ湖畔にはホットスプリングが点在する。
あえて、温泉とは言わない。日本の温泉とは、趣が全然違う。まず、日本人には、ぬるすぎる。暑い気候とはいえ、温泉は熱くなくっちゃ許せないよね。
最初は、カランバのビラ・エドルフ・リゾート(一泊1200ペソ、2400円)というところに泊まる。こちらの方がお湯はまだ少し熱かったが、宿泊者がほとんどいなく、こわいくらいだった。
次にロス・パニョスのシティ・オブ・スプリングズ ホテルに3泊する。ここは、一泊1500ペソ(3000円)の部屋だったが、窓からラグナ湖が一望できて、室内もきれいだった。ただし、部屋の中に、ジャグジー風呂があるのはいいが、湿気がこもって居心地が悪く、お湯もぬるく、最後は入るのを止めてしまった。
近くに、UP(フィリピン大学)のキャンパスもあり、涼しくて住みやすそうなところだった。
写真は、最初の2枚はエドルフ・リゾート、後はスプリングズホテルとその周辺である。
d0043649_19323772.jpg
エドルフ・リゾートの部屋
ちょっと殺風景かな。ドアの向こうがお風呂。

d0043649_19331676.jpg
エドルフ・リゾートのお風呂
保養地って感じじゃないよね。

d0043649_19335775.jpg
スプリングズホテルの入り口

d0043649_19343183.jpg
スプリングズホテルのレストラン
隣りがプール



d0043649_1936880.jpg
湖から入り口へ向かう通路

d0043649_19365910.jpg
室内にある風呂
手前にベッドがある。

d0043649_19374737.jpg
プール
若者達で賑わっていた。マニラから来たのかな。

d0043649_19384323.jpg
プールサイドでポーズをとる私
実は、このプールの背の立つところで溺れかけ、水恐怖症になった。

d0043649_1940671.jpg
プールを眺める女の子が一人。
なぜか印象に残った。

d0043649_19403812.jpg
ホテルの入り口に面したところにある、妙に気になった家。
趣があるでしょ。誰も住んでいなかった。

d0043649_19411876.jpg
シティホールと思われる、やはり気になった建物

d0043649_19415648.jpg
静かなたたずまいの通り

d0043649_1942331.jpg
ラグナ湖
[PR]
# by sadowaka | 2005-05-14 10:45 | マニラ近郊

パヒヤスビーチリゾート

最初の旅は、2004年1月。
ガッチャりアンに住む女房の家族との旅になった。
とにかく、海を見たかった。もう海に入るのが怖いし、もちろんダイビングなんかできない。が、南の海好きとしては、とにかく海が見たかった。
フィリピンにビザなしで滞在できる3週間の間には、マニラの近くの海辺に行くしかなかった。マニラの南の海は、昔、マヤマヤビーチなど、数箇所に行ったことはあるが、すっかり忘れている。マニラの南方の変り方は、すさまじい感じがした。昔は、もっとド田舎だったよな。
女房と二人で、静かに旅したかったが、女房の弟たちの子供とジェニーとその友達たちも行くことになった。
場所は、向かいに住んでいる、床貼りの職人さんが、以前、そのオーナーの家(というより屋敷)の床を貼ったことのあるというパヒヤスビーチ。行き先の決定の仕方もフィリピン的で、面白い。まだ新しいビーチリゾートのようだ。パタンガスの東、サン・ファンの南にあるようだが、位置ははっきり確認していない。
かくして、大人9人、子供5人のフィリピン庶民流の旅となった。もうまかせるしかない。
ジープ二ーをチャーターした。一日2500ペソ(5000円)。それに、自炊用の米、肉、野菜、水、なべ、食器などをどっさり積み込んだ。手馴れたもんだ。感心した。
2泊3日の旅が始まった。
コテージは、1泊3000ペソ(6000円)。2部屋だが、折りたたみベッドを借りて、14人全員、泊まった。にぎやかであるというか、騒々しいというか、日本では、忘れていた感覚で、結構楽しかった。美しい海を堪能し、子供たちと遊んだ。

早朝、散歩がてら、女房とウイリアムとで、海岸伝いに市場まで行って、新鮮な魚を仕入れた。朝の海はとても気持ちがよかった。が、魚の値段がマニラと変らないと、女房は不平を言っていた。

まずは、パヒヤスの海五態
毎日何度となく、人気のほとんどない静かな浜辺に出て、引き上げられた船の日陰に座ってただただ海をぼんやり眺めていた。生きていることの幸せを感じられる充実した時間。
やっぱり、海って、いいなあ。
d0043649_9242320.jpg

d0043649_9163486.jpg


d0043649_9245735.jpg


d0043649_9252688.jpg


d0043649_926338.jpg


パヒヤスビーチリゾート
今回の旅行は、まさにフィリピン庶民流リゾートの過ごし方実践編でだ。
ちょっと賑やか過ぎるが、食べ物と美しい自然があれば、他に何が必要だろうか。
子供がいると、気持ちも和む。

d0043649_11585346.jpg
ジープニーの内部
人と荷物でいっぱい


d0043649_11555928.jpg
乗ってきたジープ二ー
年季が入っている。


d0043649_11563950.jpg
すっぽんぽんの子供達と女房

d0043649_11572473.jpg
魚・肉の炭火焼を作っている。


d0043649_1902041.jpg
リゾートのオーナーの家


d0043649_1911139.jpg
リゾート入口
手書きだぜ。


d0043649_1914525.jpg
コテージ
14人も泊まった。

d0043649_1925628.jpg
落ちたヤシの実


d0043649_1961273.jpg敷地内のやしの木
長い棒の先にカマをつけて切り落とす。


d0043649_1973227.jpg
もぎ立てのやしの実
割ってジュースを飲み果肉を食べる。


d0043649_19823100.jpg
夕方の水遊び(1)
時間はゆっくり流れる。

d0043649_1985588.jpg
夕方の水遊び(2)
女房と姪っ子とウイリアム


d0043649_1993551.jpg
ウイリアムとウィルマー
仲の良い兄弟だ。

d0043649_19101138.jpg
渚のジャッセル
[PR]
# by sadowaka | 2005-05-12 09:20 | ビーチ

始めに

「フィリピンよたよた歩き」について

歳をとったら、世界の田舎をリュック一つで気ままな旅をすることが夢だった。
片麻痺となった今は、自由に歩き廻ることすら、ままならない。

発症後、将来に希望が持てず、人生をもう捨てたくなった時期が、何ヶ月も続いた。
そこを抜け出すには、「夢を持ち生きがいを見出さなくてはならない」と本能的に感じた。

まだ老後の夢は実現していない。夢は、簡単に手に入らないから、夢なんだ。
このままくたばっていいのか。まだまだ夢を追いかけることができるんじゃないのか。
足を引きずりながらでも、健常者の数倍の労力をかけさえすれば、旅行はできるんだ。
弱気になるな。やれよ。やるっきゃない。
「世界の田舎を旅する」から「女房と一緒にフィリピンの田舎を旅する」ことにしたっていいじゃないか。
「ダイビングで海の底をのぞく」ことはできなくなったけれど、「ゆっくりと旅をして、美しい自然、普通の人々の暮らし、できれば、人々の心の中をのぞく」ことができたらすばらしいじゃないか。その方がずっと楽しみが大きいぞ。

もともと「辺境の最深部に向かって退却せよ」という言辞(今思うとなんと思い上がっていることか、その程度の精神レベルだったんだよ)に乗せられて東南アジアを旅し始めたんじゃないか。
あさはかで、かつ結構真剣な若き頃の私だった。

ためらうな。
身体に合わせて、時間をじっくりかけて、のんびりと旅をしろ。これだけの身体の機能を私に残してくださった神様に感謝して。
健常な人の見えないものが見えてくるかも知れない。旅する時間も、考える時間も十分にあるんだから。

自分に与えられた条件を生かせばいいのさ。長所と短所は、表裏一体。人生、長く生きているから、それくらいはわかってるさ。
が、フィリピンの田舎を歩きまわるのは、左半分、壊れてしまった、この身体でどこまでできるか不安だ。
踏み出せ!  Dreams come true!

そういうわけで、このブログのホームページは、私の夢の実現の軌跡、もしくは、結果報告のページとなりま~す。
気合いを入れて行きまっせ。
なになに、お前のことだ。すぐ挫折するって。
そんなこと、知ったこっちゃない。ハハハ。
[PR]
# by sadowaka | 2005-05-07 11:47 | 始めに


フィリピンの旅行の記録、および、宿舎、レストラン等ののガイド
カテゴリ
全体
始めに
ビーチ
マニラ近郊
最新のコメント
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧